この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

さくらです。

今日もさくらのブログに来てくれて

      ありがとうございます!

まずはブログランキングをクリックしてね!

↓ ↓ ↓ ↓

FX・女性投資家ランキング

 7月もトレード日は残すところあと1日

皆さんの結果はいかがでしたか?

そろそろ市場も夏休みです。

前回好評だったお役立ち情報

今回も書いてみました。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

FXの一日

株式市場国別オープン時間

世界の三大市場は東京・ロンドン・ニューヨークです。

 

【東京時間】

■特徴

仲値が決まる9時〜9時55分までは値が激しく動きますが、

それ以外の時間帯は比較的ゆるやかな動きをします。

この時間帯に、もしトレードするなら

豪ドル、NZドル、円がらみの通貨ペアが狙い目です。

 

【欧州時間】

■特徴

16時(夏時間)に欧州(ロンドン)の株式が開くので、

16時に入ると途端に値動きが活発化します。

特に欧州勢の投資家たちは、東京時間で作られた

ポジションのストップロスを狩りにくることが多いので、

荒れた動きになることがよくあります。

東京時間のポジションにはしっかり損切を入れておきましょう。

19時になると欧州勢は昼休みになるのでゆるやかな値動きになります。

 

【ニューヨーク時間】

■特徴

21時(夏時間)になると、金融市場の主役と言っても過言ではないアメリカ勢が参入してくるので、欧州時間以上に値動きが荒くなります。

※冬時間は22時となります。

日本人の兼業投資家の参戦も増えだすため大きなボラティリティーが発生しやすく
稼ぎやすい時間帯です。

更に21時台はアメリカの経済指標が発表されることが多いので、テクニカルを無視した激しい乱高下を見せることが多々あります。

24時にはロンドンフィックスという、東京時間で言う仲値が決まる時間にあたるため、ユーロやポンドの値動きが荒くなります。

26時に入ると欧州の株式が終了するので、荒い値動きから一転ゆったりした値動きになります。

特に動く時間は「9時」「16時」「21時」

この時間はトレンドがでやくすなるので注目です

 

いかがでしたか?

一日の決まった流れがわかるとやりやすいですよね。

是非参考にしてくださいね!(^^)!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 今週のプレゼント

STC V103

相場のサイクルを視覚化しエントリーの場所を測るインジケーター

欲しい方はメルマガ登録してね

 メルマガ登録のお願い

メルマガにご登録いただいた方には    text_present

と~~ってもお得な

プレゼントがあります。

なんと0円でお金が増える方法

さらに毎週替わりでインジケータープレゼント

やってます

 

お得なさくらのメルマガ登録よろしくね

 無題879946