この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

大阪近辺の地震災害、みなさん大丈夫でしたか?亡くなった方もでてしまい悲しい惨事になりました。
被災地の方には心からお見舞い申し上げます。

週明けからまたまた米中貿易問題についてのトランプ大統領の発言による相場の急落がはじまりましたね。

「中国の関税引き上げは受け入れられない」
「中国がさらに関税を引き上げるならさらに2,000億ドルを要求」

北朝鮮問題が落ち着いたと思ったら、今度は中国との貿易戦争の懸念がでてきました。これにより、安全資産の円が買われて円高になっています。

相変わらずトランプさんやってくれますね。今日は少し落ち着き、ドル円などは反発していますが、本日は要人発言も多くありますので、注意が必要です。

米中貿易問題

つい先日まで北朝鮮と過激発言の応酬を繰り広げていたトランプ大統領ですが、今度は中国と熱戦を繰り広げてます。

発端は中国の知的財産侵害

中国は他国の企業が中国へ参入する際に、製品アイディアなどの知的財産の所有権を、中国企業と提携させることで、知的財産所有権の移転を促しています。アメリカはこの流れを阻止するために、中国製品に対して関税をかけることを決めました。

中国との応酬

トランプ大統領がとった措置は、500億ドルの中国製品に対して25%の関税をかけるというものでした。これに反発した中国は、同じく500億ドルのアメリカ製品に対して関税をかけるという対抗措置をだしました。

そして18日
「中国の関税引き上げは受け入れられない」
「中国がさらに関税を引き上げるならさらに2,000億ドルを要求」
という発言をトランプ大統領がしたことにより、米中間の不安が広がり、相場が下落していったのです。

 

注目通貨は豪ドル

オーストラリアは中国との貿易に深い関係があります。経済指標の動きでも、中国の指標が悪いと豪ドルもさげますね。

 

豪ドル円の動き

2018年3月から豪ドル円はレンジの動きになっています。3月の安値80.49がサポートライン、ってから高値84.40付近で何度かとめられています。3月から少しずつ安値は切り上げてましたが、今回の件で昨日、また84.60まで下げてとまりました。

日足はまだレンジの流れのようですが15分足をみると少し動きが出てきてますね。タイミングを見て買っていこうかと思います。

今日の指標

15:00      独) 5月生産者物価指数
21:30      米) 1-3月期経常収支
23:00      米) 5月中古住宅販売件数
23:30  米)週間原油在庫

要人発言
15時30分:日)黒田日銀総裁の発言
→今後の金融政策への思惑
22時30分:豪)ロウRBA総裁の発言
22時30分:欧)ドラギECB総裁の発言
22時30分:日)黒田日銀総裁の発言
22時30分:米)パウエルFRB議長の発言

 

まとめ

  • 今回の急激な相場の動きの原因は米中貿易問題
  • 米中貿易問題の発端は中国の知的財産侵害
  • 米中の関税の掛け合い応酬で世界経済は不安定に
  • 米中貿易問題で影響があるのは豪ドル

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。