【トレードあるある】損切り貧乏の原因は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
💬この記事の所要時間: 112秒で読めます

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

満を持してポジションを持ったけれど、その瞬間から

逆方向に動き出して損切りしてしまったり、

せっかくポジったのにびびって損切り・・・

 

こんなことやってしまっていませんか??

FXに限らず株・先物・金・ビットコイン・・・

チャートが存在するものすべてで、あるあるな行動ですよね。

 

でも実は、勝てるトレーダーの一歩手前まで来ている状態なんです!

だから損切り貧乏でセンスないかも、と諦めるのは早い。

損切りのあと、やっぱり思っていた方向に動き出すことってありますよね?

つまり、「戦略は間違ってなかった」ということなんです!!

 

分析はできて、方向も読めている。

だけど「エントリータイミング」が悪いだけなんです!

エントリーのタイミングが。

ここは、たくさん検証を重ねて体に覚えさせることで

だんだんタイミングが分かるようになってきます。

 

私も半年はデモで練習しました。

デモや少額の現金などで、損小利大になるよう訓練していくといいですね(*^^*)

けして、「自分のトレードが悪い」と決めつけないでください。

戦略があっていれば、損小利大のトレーダーになる日はすぐそこです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。