この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

あなたのFXライフを応援するサポーターさくらです🌸

長い連休も残すところ今日1日となりました。

みなさん、ゴールデンウィークは楽しめましたか?

明日からのお仕事、行きたくないですね~。

こんな時間に縛られる生活から脱却するためにも、FXで稼いで自由な生活を手に入れましょう。

 

令和元年【5月3日】雇用統計の結果

ゴールデンウィーク中の5月3日は、月に一度の大イベント、雇用統計でしたね。

今回の雇用統計での動きを確認してみましょう。

 4月非農業部門雇用者数変化(前月比)
前回:19.6万人 予想:18.5万人 結果:26.3万人

雇用統計の数字は、予想を大きく上回りいい結果になりました。

ドル円は111.500付近から、雇用統計の結果で111.700近くまで急上昇しました。

111.700で利食いされた後、111.300あたりを上下くりかえしていたのですが、

23時の 4月ISM非製造業景況指数の結果が予想を下回ってしまいました。

 4月ISM非製造業景況指数(総合)
前回:56.1 予想:57.0 結果:55.5

ここからドル円は下げに転じます。

それでも、111.000をなんとかキープして週末を迎えました。

 

月曜日の窓開け

今日は月曜日。

チャートを開いた人はみんな「え??」となりませんでしたか?

主な通貨はみんな大きく下に窓開けしていましたね。

下窓の原因は?

トランプ

5月4日の朝に北朝鮮のミサイルが発射されました。

北朝鮮のミサイルといえば、1年半ぶりのことですが、当時はこのミサイル発射に相場もめちゃくちゃ。

かなり泣かされましたね。

今回のミサイルは飛翔体(ひしょうたい)というもので、射程が短距離のものなので、ミサイルとは呼ばないそうです。

北朝鮮の低レベルな挑発行為として、日本やアメリカ、その他の国も重大ととらえてないという話ですが、そういう問題なのかなー、と心配になりますよね。

ただ、やはり相場にはあまり影響がないようで、窓は下にあけたものの、影響は限定的とみられています。

 

もうひとつの原因として考えられるのが、やはりこちらも相変わらずのトランプ発言。

トランプ大統領の発言に関する記事

中国との関税問題が、怪しい雲行きになってきています。

今回は、北朝鮮のミサイルよりも、こちらのほうが影響が大きいようです。

 

今日の重要指標

★★★
16:55 (独) 4月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
前回:55.6 予想:55.6

★★★
17:00 (ユーロ) 4月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
前回:52.5 予想:52.5

★★★
18:00 (ユーロ) 3月小売売上高(前月比)
前回:0.4% 予想:-0.1%

★★★
18:00 (ユーロ) 3月小売売上高(前年同月比)
前回:2.8% 予想:1.8%

 

今週はオセアニア通貨に注目!

oseania

7日(火)
豪中銀政策金利

8日(水)
NZ中銀政策金利
米中貿易協議(ワシントン)

9日(木)
中国消費者物価指数、生産者物価指数(4月)

週の前半はオーストラリアやニュージーランドの重要指標があります。

これらはオセアニア通貨と呼ばれ、ドル、ユーロに続いて注目度が多い通貨ですね。

また、オーストラリヤやニュージーランドは、中国との貿易でも密接な関係があるので、中国の指標や動きにも大きく左右されます。

 

東京市場は今日までお休み

明日の取引は、令和最初の取引になります。

ご祝儀相場を期待したいところなのですが、この状況では、あまり期待できないかもしれませんね。

今日は全体的に売り目線のようです。

しかし、今はまだ月曜日が始まったばかり。

おまけに東京市場はお休みなので、午前中はやはり静観か、短期取引でしょうか。

本格的な動きは明日からになりそうですね。

では、今日もいい一日をお過ごしください(@^^)/~~~