相場を動かしている第三のチカラとは

相場を動かしている第三のチカラとは
💬この記事の所要時間: 118秒で読めます

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

おはようございます!さくらです。

長くトレードをしていると、

今年は難しいな、、、

とか、

自分の手法にばっちりハマる!イケる!

と感じる年もあります。

※それすら感じない人は相場にいる資格はありませんからね(笑)。

たいていのトレーダーは、

目の前のチャートから何か法則性を見いだしたいと一生懸命です。

でも、「法則性」というのは

相場を動かす要因のうちの1つでしかないんです( ゚д゚ )

相場を動かすチカラは3つ。

ひとつ目は

「法則性」、つまりテクニカルですね。

規則性といってもいいですね。

ふたつ目は、

ファンダメンタルズ。

これは不規則ですし、わかりにくい( ノД`)

目の前のチャートに外部から影響を与える要因です。

みっつ目。

それは

「裏のファンダメンタルズ」です。

これはわかりにくいというより、

よほど調べないとわからない。

そして「強大な」チカラでもあります。

誰がうごかしているのか?

そのチカラがいつまで続くのか?

その年によって、

3つのチカラのバランスが違います。

当然、

規則性のあるテクニカルが相場の中心となっている年は簡単ですね( ´艸`)

だれでも、どんな手法でも勝てる。

ムズカシイ年や、

誰でも楽勝で勝てる簡単な年があるのもそのせいです。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。