ビットコインFXは、普通のビットコインと何が違うの?

ビットコインFXは、普通のビットコインと何が違うの?
💬この記事の所要時間: 226秒で読めます

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

最近、「ビットコインFX」という言葉を耳にしませんか?

普通のビットコインとは違った特徴があるのです。

私も実は、1月頃からビットコインFXを始めています。

 

「チャレンジしてみたいけど、よく分かってないから怖い・・」という方のために

現物のビットコインとの違いや特徴について紹介します!

 

ビットコインFXと現物の違いについて

現物の場合、例えば100万円分で買ったビットコインを、自分のウォレットから送金したり、買い物に使ったりすることができ、日本円に戻したいときはその時の値段で売却することができます。

FXは、現物のやりとりを一切行いません。

ネット上で売りや買いを行いその差額を利益として受け取ることができるという仕組みです。なので現物のようにいったん自分のウォレットにビットコインが入るということはありません。

 

ビットコインFXは、下落時でも利益を出せる

これがビットコインFXの一番大きなメリットです。

2018年の年明け以降、最近は右肩上がりの相場ではなくなってしまい、

いわゆるガチホ(ガチホールド)では勝てなくなってしまいました。。(悲しい)

FXは下がっている時でも利益が出せるので、ここ数ヶ月でFXに参入する方は

増えつつあります。

 

レバレッジがかけられる!

既に為替取引をされている方ならご存知かもしれませんが、ビットコインFXも

レバレッジをかけることが可能です。

取引所によって倍率は異なりますが、2倍〜100倍などの倍率で取引をすることが

できますので、小さな元手で大きな利益を狙うことができます。

 

注意点

為替取引と違って、ビットコインFXは価格変動がハンパなく大きいです!

ボラ(ボラティリティ)が大きいというやつです。

大きいと、短期間で大きな利益を狙えますが、その反面

損失も大きくなりやすいということです。

ドル円では1〜2円動けばよく動いたといわれますが、

ビットコインは5万〜10万動くことがザラにあります。

そのため、大きな変動に耐えられるような証拠金維持率やハイレバに

気をつけていただきたいのです。

ハイレバは夢がありますが、博打になってしまうので

筆者は低レバ、証拠金維持率1000%以上をおすすめします・・・!

(何度も痛い目にあった結論ですw)

 

まとめ

以上、ビットコインFXについて紹介させていただきました!

リスクを理解した上で、ボラのあるチャンスの多いビットコインFXを

楽しんでもらえたらと思います^^

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。